中年リーマンの健康ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年リーマンの健康ブログ

健康に関する知識を発信していきたいと思います。コメント頂けると喜びます(*´∀`*)

カンタン!目の周りの筋肉をほぐすだけで視力回復!一日5分で実践可能なマッサージを紹介します。

f:id:SASAYAMA:20170412193007p:plain

 

最近、目が疲れるようになりました。・・・眼鏡をしているんですけれども、夕方になると目の周りが重いんです。

さらにに言うと、眼鏡の鼻のところのパッドが痛い・・・。今回は私の眼鏡生活日記と、視力アップのために試した方法をお知らせします!!

 

眼鏡をかけるようになって、かれこれ7年目に入りました。

 

それまでは、コンタクトレンズを使っていたんすが、2011年の震災の時に、考えたんですね。「緊急時、コンタクトを付けている暇はない」、寝ている時に地震がきたら大変です。

目が見えないと逃げられない!! 危ないですよね~。コンタクトは約20年前に初めて付けたんですが、付ける前まではやはり抵抗がありました。

目の中に入れるんですよ!! 怖いでしょう?痛いかもしれないでしょう?~と、まぁ大体は思いますよね?だったら、最初から眼鏡にしたらいいでしょ!って言われそうですが、当時の私は「眼鏡なんて似合わないし、ダサい」なんて勝手に決めつけていました。

なので、眼鏡は最初からかける気が全くなかったのです。となると、コンタクトしか道は残されていません


そもそも、視力が低下した原因は、夜間の読書でした。中学生のころに推理小説を読むことに没頭しすぎた私は、暗がりの中でランプの灯りだけを頼りに、赤川次郎の作品などを読みふけっていました。

そんな生活が一年くらい続くと、徐々に黒板の字が見えづらくなってきました。

もともと、2.0の視力が、0.8ほどに低下してしまったのした!! 後悔先に立たず・・・

それからは、暗がりでの読書は控えましたが、視力が元に戻るはずもなく、高校入学・卒業、就職と時が過ぎていきました。特に就職してからは、パソコンを使用する事が多く、目を疲れさせることに・・・。

車の免許を取得する際、辛うじて視力検査をスル―できていましたが、徐々に運転中も見えづらくなり、危険を感じるようになりました。

 

・・・ということで、コンタクトをつけることにしたんですが、恐る恐るコンタクトを眼球にのせてみたところ、意外と違和感がないことと、とにかく良く見える!! ことに驚きました。視界がこんなに明るいなんて!! 今まで見ていた世界がいかに暗かったかを思い知らされました。コンタクト装着デビューは、私の人生の中でベスト3に入るほどの感動を与えてくれました。
その感動がいつまでも続けばよいのですが、ズボラな私は、コンタクトのお手入れが面倒で仕方がありませんでした(笑) こんなに快適で素晴らしい物を大切にできない私は、ホントにバカですね(涙)

2週間の使い捨てタイプを使用していましたが、寝る前に外して洗浄液で洗って、ケースに仕舞っておくことすら面倒でした。

コンタクトを外したあとは、「アイボン」で目を洗っていましたが、これは爽快でしたね。本当に汚れがスッキリと落ちます。アイボンのカップに目の汚れが浮いているのがその証拠で、私は夜な夜なそれを満足げにニヤリとするのが習慣になっていました。
 
目の汚れがスッキリ落ちると、私の場合は目をもっといたわってあげよう! という気持ちになりました。まず、一日中目を動かしている眼球周りの筋肉をほぐして血の巡りを良くするマッサージをしました。

 


マッサージの手順は以下の通りです。

 

1・手の平の指の部分全体で両目を包み込むようにやさしくなでます。この時、力は入れずになでましょう。力を入れると目の周りの細い血管が圧迫されてしまうので、やさしくやさしく。


2・まぶたの上の部分を骨の形に合わせて、中指で外側になでます。ちょうどアーチを描くような感じです。


3・次はまぶたの下の方を外側に薬指で外側になでます。

 

最後は、再び1の包み込むようなマッサージで仕上げましょう。基本的には自分が心地よいと感じる力加減で行うことがポイントです。入浴中は、血の巡りが良くなっているので、特におすすめします。

さらに、温かいタオルをまぶたに乗せて温感パックのようにしてみるのも効果的です。本当に気持ちが良く、目の疲れが癒されます。

 

日々の疲れを少しづつ取ってあげると、目に疲が残らず視力も低下しづらくなると思いませんか?
ちなみに、わたしはこの方法でいちどは0.02にまで低下した視力を0.2まで回復させました! 昨年、眼鏡を新しくしたんですが、視力が良くなってます、と眼鏡屋さんから言われました。

健康診断でも前年の数値よりも良くなっていることが分かり、感動しました!目は年齢とともに、早い段階から衰えがちな部位ですが、日々のちょっとした努力次第で回復させることができるんですね。みなさんも、ぜひお試しくださいね!

 

本日も最後までブログを読んで頂き、ありがとうございました。