中年リーマンの健康ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年リーマンの健康ブログ

健康に関する知識を発信していきたいと思います。コメント頂けると喜びます(*´∀`*)

ベジブロスで目指せ健康体!効果は?レシピは?向かない野菜があるって本当?

f:id:SASAYAMA:20170413015939p:plain

 

こんにちは。今日はベジブロスのご紹介です!

私たちの健康維持に欠かせない「野菜」、免疫を高めてくれたり、ダイエット効果があったり....そんな野菜たちの栄養を、もっと効率的に摂ってみたいと思いませんか?

 

そこで活躍するのが今回紹介する「ベジブロス」です!

 

 

ベジブロスとは?

ベジブロスは野菜ダシ、つまり野菜ダシのことです。

鍋でボコボコと野菜を煮ればそれで完成なのですがダシを取るためだけに野菜を使うことはなかなかありません。
そこで利用するものが普段は三角コーナーやゴミ箱に捨ててしまうヘタや種、皮なんかの「捨ててしまう部分」です。
野菜の皮、ヘタなどは、高い栄養価が詰まっているので、この部分を活用します!

 

ベジブロスの美容と健康にうれしい効果効能

野菜の“捨ててしまう部分”には、『ファイトケミカル』と呼ばれる
植物栄養素が豊富に含まれています。
皮や根っこといった捨ててしまう部分にも、
ファイトケミカル』の一種であるポリフェノールリコピンルテイン
といった栄養素が豊富につまっていることが多いです。

 

大根やニンジンなどの根菜類はみずみずしさを逃さない為に
外側の組織に栄養を集めてブロックしています。
そして、キャベツやレタスなどの葉物は外の葉ほど光合成がしやすく
栄養が集まっています。
基本的に外側の方が栄養を蓄えやすいわけです。

 

1,免疫アップ効果

ベジブロスのだしに含まれる植物由来の成分
ファイトケミカル」には、免疫細胞の働きを高める作用があります。
また、体の調子を整える働きも持っています。

特に風邪をひきやすいシーズンなんかは、積極的に摂っていきたいですよね。

免疫力がアップすることで、シミやしわ防止にもなります。

 

2,アンチエイジング効果

強力な抗酸化力を持つといわれるファイトケミカルは、
人の体を老化させる最大の要因、活性酸素の働きを抑えてくれます。

ファイトケミカルの高い抗酸化作用によって、ベジブロスを摂取することで美容

アンチエイジング効果が期待できるんです!

 

栄養が詰まっている場所

次に栄養が詰まってる場所を紹介します。

食べれないし...と思って捨ててしまうのは、少し勿体ないと思いませんか?

是非捨てずに摂っておいて、ベジブロスとして生まれ変わらせてくださいね!

 

1,種

植物は、子孫を残すために種を作りますよね。そこには高い栄養価が詰まっています!
野菜が成長するための栄養が多く含まれています。
固くて食べにくい部分ではありますが
ベジブロスにすれば種から栄養が染み出るので種の栄養もしっかりと摂れるんです。

 

2,皮

外敵から身を守るため、防御機能の働きがあります。
特に、玉ねぎの皮には”ファイトケミカル”が大量に含まれています。
植物の中で、皮と実の間は、栄養価が高い部分なんです!

皮と実の間に栄養が詰まってると言えば「リンゴ」や「みかん」が有名ですよね。

また、皮は直接お日様を浴びるため、光合成で栄養がどんどん作られます。
たくさんの栄養を含む」「光合成で栄養が作られる
この2つの理由から、野菜の皮にはたっぷりの栄養が含まれているのです。

 

3,ヘタ

植物の実をつける根本にあり、栄養を溜めこむための部位です。
さらに実に栄養を運ぶための重要な役割をしています。ここにも高い栄養価が詰まっていますよ。

そんな大切な役割を持っているヘタ。この部分も栄養がたっぷりと含まれていますので

捨ててしまわずに大切に使うことが大事です。

 

ベジブロスには向かない野菜とは?

よ~し!捨てないで集めるぞ~!....ちょっと待ってください!

実は残念ながらベジブロスには向かない野菜があるのです。

特徴としては強い苦みがあったり、アクが出る野菜だったり。

使う野菜はお好みでOKなのですが、あまりにもクセが強いと、飲むのにも大変なので、注意して選んでくださいね。

 

 

超簡単!ベジブロスの作り方♪

さて皆さん、種やヘタ、皮の用意はできましたか?

作り方と言ってもたったの2ステップです!是非作ってみてくださいね。

 

1,洗浄

まずは野菜を用意します。
ダシが出れば大丈夫なので
玉ねぎの皮やシメジの根、枝豆のサヤなどを使います。

この際、土などが付いている場合があるため、軽く水で洗います。

あまり強く洗うと栄養が流れて行ってしまう可能性があるため、注意が必要です!

 

2,煮込む

野菜の量や必要分に応じて水、そして野菜を入れます。

煮崩れないよう弱火から中火でコトコトと30分煮込みます。
臭みが出る場合は煮込む前に酒を少量入れるのをおすすめします。

 

3,取り出す

色がしっかり出たらザルで裏漉して完成です。
ベジブロスは使った野菜くずによって微妙に味が違ってくるので
毎回違った出汁ができあがります。

 

こうして毎回違った味になるのも「ベジブロス」の楽しみの一つです♪

作ったベジブロスは味噌汁変わりに飲んでもよし、

スープの水の代わりにするのもよし...とにかく汎用性が高いです!

是非作ってみてくださいね♪

 

本日も最後までブログを読んで頂き、ありがとうございました m(__)m